高校での入塾のタイミングは?

塾に通い始める時期で多いのはいつ?

高校生で塾に通おうと考えている人たちや、塾に通わせようと考えている親御さんたちが気になっている事の1つが「ほかの人たちはいつくらいから塾に通い始めているのだろうか」という事ではないでしょうか。とある調査機関のアンケートによると、高校生が塾に通い始める時期で多かったのは、なんと「高校1年生の4月」と「高校に入学する前」でした。この時期というのはまだまだ大学受験を意識し始めている学生というのは少ないですが、それでも先のことを見据えて早いうちに準備をしておこうという人が多いということがわかります。次に多かったのが「高校2年の空き」や「高校3年生の春」という意見で、大学受験を見据えて本格的に受験勉強をするために入塾する人たちだと言えるでしょう。

塾や予備校に通い始めるのに適したタイミングとは

塾に通い始める時期の大前提として、目指している大学や家庭的事情というのがあります。例えば難関大学を目指していて、現在の偏差値とその大学に入学できる偏差値とがあまりにかけ離れていれば早めに塾に通い始めたほうが良いでしょうし、いくら塾に入りたくても日々の生活で手いっぱいであれば月謝を払うのに苦労することになります。それらを踏まえたうえで塾に通い始める時期で適しているのは、やはり独学での勉強に限界を感じ始めたときだと言えるでしょう。具体的には長期休み時期に開催されている「短期講習」の時期に気になる塾に通ってみるのがおすすめです。短期講習では長期講習で実施されていた内容がコンパクトにまとめられているので、どういった勉強の仕方をしているのかがわかりやすいです。