小学校での入塾のタイミングは?

有名私立中学に進学させたいとき

中学への進学で特にこだわりがないなら受験をせずに地元の公立中学に進学させればよいでしょう。ただ将来的に難関大学への進学やいい就職をさせたいなら中学からレベルの高い教育を受けさせた方が良いです。有名私立中学に進学させるには受験が必要ですが独学は現実的でないので進学塾に通わせる必要があります。入塾のタイミングは、元々勉強ができる子であれば小学校6年生になる直前ぐらいでも問題ありません。しかし学力に不安があるならも少し前から入塾を考えた方がいいかも知れません。小学校4年生ぐらいから勉強のやり方などを学んでおき、5年生になる頃には少なくとも平均以上の成績が取れるようにしておきます。そして6年生の1年間で受験に向けた勉強をすれば合格が目指せるでしょう。

勉強の習慣を身につけさせたいとき

小学校に入学すると勉強をしなければならず、学校で先生から授業を受けたり自宅で宿題をしながら行っていきます。ただ子供によっては勉強の習慣が中々身につかず、学校でも授業に身に入らなかったり宿題を忘れがちになったりもあるでしょう。通信簿の状況を見て低い評価が並んでいるなら勉強ができていない状態になるので、そのタイミングで入塾を検討すると良いかも知れません。小学生向けの塾として勉強の習慣が身に着けられるタイプがあります。進学塾のような厳しさはありませんが、楽しみながら勉強ができる環境が用意されています。子供がもっと高度な勉強をしたいと言えばその時はより厳しく学べる進学塾への入塾を検討すればよいでしょう。