中学校での入塾のタイミングは?

受験に有利となる内申点を上げるために

高校受験に大きな影響を及ぼす内申点は、通知表を基に決定されます。都道府県による違いはありますが、一般的に1年から3年までの内申点が対象となるため、定期テストで好成績を収めることが必須です。もちろん高校受験では、学力検査が重要視されますが、実は内申点が低いと受験のボーダーラインから外れてしまうことがあるのです。それ故に定期テストの出来を向上する必要があります。

しかし、中学校で部活動を開始すると時間に追われるようになります。疲れて勉強どころではなくなる子供もいることでしょう。塾は、そんな子供達の強い味方です。短時間でできる勉強方法やポイントを教えてくれたり、継続的に勉強できる方法を伝授してくれます。何よりも定期テストの対策を考えてくれる場所でもあります。

1年生夏までの入塾がおすすめ

中学校生活では環境が大きく変わります。人間関係がリセットされることに加え、部活動にも時間が取られて心身共に大変だと感じることでしょう。4月5月は、学校に通うだけで精一杯という子供も少なくありません。そのため学校に慣れるまでは暖かく見守り、無理強いしないことが得策です。時間の経過と共に体力もつき、スムーズに1日を過ごすことができるようになります。

塾では、テストに関して多くの情報を配信してくれます。状況が許せば4月からの入塾がベストです。しかし、年度の途中でも入塾できるところがほとんどですから、子供のコンディションにより調整していきましょう。しかし、勉強の後れを考えるならば夏までには入塾したいところです。

小学生の塾は、スマホから申し込むことができますし、体験入学もできるので、自分自身に合ったところを探すことができます。