入塾のタイミング

小学校での入塾のタイミングは?

中学への進学で特にこだわりがないなら受験をせずに地元の公立中学に進学させればよいでしょう。ただ将来的に難関大学への進学やいい就職をさせたいなら中学からレベルの高い教育を受けさせた方が良いです。有名…

中学校での入塾のタイミングは?

高校受験に大きな影響を及ぼす内申点は、通知表を基に決定されます。都道府県による違いはありますが、一般的に1年から3年までの内申点が対象となるため、定期テストで好成績を収めることが必須です。もちろん…

高校での入塾のタイミングは?

高校生で塾に通おうと考えている人たちや、塾に通わせようと考えている親御さんたちが気になっている事の1つが「ほかの人たちはいつくらいから塾に通い始めているのだろうか」という事ではないでしょうか。とあ…

塾の選び方

塾は、それぞれ力を入れているポイントや対象の年齢、取り扱っている教科などが違います。塾を選ぶ際には、子供にあっている塾なのか、入塾することで学力が伸びるのかということを見極めなくてはいけません。塾の選び方のポイントを詳しく解説します。

カリキュラムは充実している?

塾のメリットの一つは、生徒のレベルに合った授業が受けられることです。塾によって、苦手克服に力を入れていたり、難関校対策に対応していたりと、その方向性はさまざまなので、まずはホームページなどで概要を…

講師のレベルは?

「塾を選ぶときに重視することは?」という質問を保護者にすると、「1コマ当たりの授業料」という回答が多く返ってきます。しかし生徒に同じ質問をすると、ほとんどが「講師のレベル」という回答をするのです。…

個別指導を受けると苦手分野を克服することができます。

個別指導であれば、先生と一緒にコミュニケーションを取りながら学ぶことができるので、楽しいですし集中力が高まります。

月謝は高すぎない?

指導内容や講師のレベルを見て慎重に判断する

子供の学力向上を期待して塾を利用する世帯は少なくありませんが、月謝が高いほど質の高い講義を受けられるという誤解があります。一流と評価される塾の多くが高額の月謝を請求しているのも事実ですが、月謝の金額と講義の質が必ずしも比例するとは限りません。塾における指導は大別すると学校の授業に沿って進む方式と、受験など進学を目的とした方式があります。それぞれの方向性はまったくの別物であり、講義の内容も異なるので一概にどちらの質が上と言い切ることはできません。また、同じ指導でも講師の教え方が結果を左右するため注意が必要です。高額な月謝を請求する塾でも講師の質が低い所が稀に存在するので、事前に必ず下見を行って講義の内容を確認します。

教材の購入費や講師の指導料が金額を決める

塾の月謝の内訳は運営会社によって多少の違いはあるものの、使用する教材の購入費と講師の指導料が多数を占める点は共通しています。教材については基本的に質の高い物ほど高額になりますが、特に進学を目的とした塾はこの傾向が顕著です。学校の授業では扱わない範囲も学ぶので、必然的に難易度の高い教材が選ばれます。講師の指導料については教え方の上手さと受講生からの人気が大きく影響しています。同じ講義でも教え方によって理解できるかどうかが違いますが、優秀と評価される講師は要点を簡潔にまとめ、理解しやすい言い回しを用いるのが特徴です。受講生の理解力や気質に合わせて教え方を変えることができる柔軟性の高さも優秀と評価される条件と言えます。